ハンドボール積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの練習の秘密とは?

ハンドボール積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの練習の秘密とは?

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの練習

 

ハンドボールで
「女子選手のディフェンスの指導が上手くできない」

 

「オフェンスに抜かれ、失点が多くて試合に負けてばかり…」

 

なんてことありませんか?

 

 

コーチをしている人たちの会話でよく聞くのが男子選手と女子選手との指導の仕方が異なること。

 

特にコンタクトプレーが多いハンドボールでのディフェンスの女子選手の指導は難しく、悩まれている人も多いのではないでしょうか。

 

そのような女子選手の指導法でお悩みの方におすすめのハンドボールDVDをご紹介しますね。

 

ハンドボールのディフェンス技術向上と積極的に仕掛ける6−0ディフェンス
DVD2枚組(トータル 142分)
価格:16,000円(税込:17,600円)※別途送料540円
販売元:株式会社トレンドアクア

 

高校女子ハンドボールで知らない人はいない佼成学園女子高校 ハンドボール部石川浩和監督監修の教則DVDということでとても興味を持ちました。

 

あなたもDVDを一通り見終わった後、直ぐにでも練習に取り入れたくなりますよ。

 

こちらでは、そんな石川浩和監修「積極的に仕掛ける6−0ディフェンス」で、なぜディフェンスの意識を変えただけで、失点を減らせ試合に勝てる強豪チームになれたのか?その練習法の秘密を徹底調査です。

 

デイフェンスが上達したい、チームを強くしたいと指導法で悩んでいる方は、参考にしてくださいね。

 

>>積極的に仕掛ける6−0ディフェンスを今すぐ公式サイトでチェツクする<<

 

 

ハンドボール積極的に仕掛ける6−0ディフェンスとはどんなDVDなの?

ハンドボール積極的に仕掛ける6−0ディフェンスとは

 

ハンドボールのディフェンス技術向上と積極的に仕掛ける6−0ディフェンスというのは、ボディコンタクトーが多いハンドボールでは、「自分から積極的に仕掛けるディフェンスの練習や指導が重要だ」と私が気づかされたハンドボールDVDです。

 

フットワークや選手とボールとの間合いなどの基礎技術の練習法から、個人、グループのデイフェンス戦術(6-0ディフェンスシステムまで、ディフェンス指導の全てが詰まっているんですね。

 

ハンドボールの積極的に仕掛ける6−0ディフェンスは、

・1対1に弱い
・警告・退場ばかりもらってしまう
・簡単にずらされる
・ディフェンスが苦手で、オフェンスに簡単に抜けれてしまう
・ディフェンスシステムを強化したい
・女子強豪校の練習方法を知りたい
・女子選手の指導で悩んでいる

 

このような悩みがある方に向けて作られたハンドボールDVDです。

 

きっと、あなたも1対1でも抜かれなくなり失点が減り、全体のレベルアップがはかれることで、強いチームにすることが出来ますよ。

 

ハンドボールの女子選手の指導は難しい!?

 

ハンドボールは激しく相手に当たるコンタクトプレーが多いので、女子選手のディフェンスの指導に悩まれている指導者の方も多いのではないでしょうか。

 

女子選手を見る指導者は、よく「女子はプライベートまでケアしなければいけない」と言います。

 

中学生や高校生ぐらいの女子を指導する場合、女性の指導者がいると、そうした女性の内面までフォローできますが、男性の先生にとってはそう簡単にはいかず難しいですよね。

 

 

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの監修者である佼成学園女子ハンドボール部石川浩和監督は、全国大会7回優勝、女子ユース(U-18)日本代表元監督・コーチを就任するなど、20年以上、女子ハンドボールの指導をされているんです。

 

ハンドボールの女子選手の指導法とかこれまでほとんどなかったように思うので、男性のコーチや部活の顧問の先生でチームを強くしたいなら、知っておいて損はないです。

 

むしろ知らないために、損をしているかもしれません。

 

 

「ディフェンスをどうやって女子選手に指導したらいいのか?」と、抱えていた悩みも積極的に仕掛ける6−0ディフェンスを実践することで、きっと解消できでしょう。

 

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの特徴とは?

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの特徴

 

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスで、私は次の3つの大切さ(特徴)に気づかされました。

 

オフェンシブ(攻撃的)なディフェンス指導
技術や指導方法など論理的に理解できる指導内容
DVDを見てすぐに取り組める

 

一つひとつ書いていきますね。

 

 

@オフェンシブ(攻撃的)なディフェンス指導

 

強豪に共通していることに攻撃的なディフェンスを実践していることが挙げられます。

 

コートプレーヤーは、ゴールを切り開くオフェンスの技術だけでなく、同時にゴールを守るディフェンス力も身に付ける必要があります。

 

何故なら、粘り強い攻撃的なディフェンスをすることで一瞬のチャンスが生まれ、攻守が一転してゴールチャンスに変わるからです。

 

 

また、ファーウルは悪いことと受け取られがちなために、消極的なイメージを持っている選手や指導者も多いように思います。

 

ですが、ハンドボールは攻める意図が見られないとパッシブプレーとして、オフェンシブファールをとられてしまいます。

 

この「積極的に仕掛ける6−0ディフェンス」では、ディフェンス側から、オフェンスに駆け引きを仕掛け、積極的にボール奪取を狙い、自分から自発的に動くディフェンス法を指導・解説してあります。

 

 

A技術や指導方法など論理的に理解できる指導内容

 

試合に勝つめには、本番で練習したことが出来るようにすること。

 

やはり、指導者から指示された内容を理解せずに「ただ何となくやっている」では、本当の技術の向上は望めないでしょう。

 

逆に考えれば、指導者がしっかり理解していないと、選手に指導が出来ないということになりますね。

 

 

信頼関係とは、コーチの技術やトレーニングに対する理解力や知識、人間性などによって培われます。

 

もちろん、全てに完璧な人はいません。

 

だからこそ、練習方法はもちろん、何のためにやるのか?試合のどこで使えるのか、なぜ効果的なのか、論理的に指導者が理解しておくことが必要だと思います。

 

 

選手を活かすのも指導者であれば、指導者を活かすのも選手ということを教えてくれます。

 

 

BDVDを見てすぐに取り組める

 

試合に勝つめには、本番で練習したことが出来るようにすること。

 

やはり、指導者から指示された内容を理解せずに「ただ何となくやっている」では、本当の技術の向上は望めないでしょう。

 

逆に考えれば、指導者がしっかり理解していないと、選手に指導が出来ないということになりますね。

 

 

信頼関係とは、コーチの技術やトレーニングに対する理解力や知識、人間性などによって培われます。

 

もちろん、全てに完璧な人はいません。

 

だからこそ、練習方法はもちろん、何のためにやるのか?試合のどこで使えるのか、なぜ効果的なのか、論理的に指導者が理解しておくことが必要だと思います。

 

 

選手を活かすのも指導者であれば、指導者を活かすのも選手ということを教えてくれます。

 

BDVDを見てすぐに取り組める

 

やはり市販本やネットの情報だけでは、正しいやり方や効果的な方法もイメージしにくいものです。

 

DVDなら、実際の動きが見て理解できるので、押さえておくべきポイントやコツなども、感覚的にわかりやすい。

 

技術面では、やはりイメージを持たなければ、練習のためのトレーニングに留まってしまいます。

 

 

DVDを繰り返し見ることで、全体的な動きだったり、流れなどは必ずわかってきます。

 

流れを掴んだら、基本フットワーク、1対1のコンタクト、2人のコンビネーションディフェンスの基本を意識して練習します。

 

そのような流れで練習していけば、6-0ディフェンスシステムがうまく機能しないチームでも、連携がよくなり強豪校に肩を並べることができるかもしれません。

 

 

自宅て1人で練習する時もちろん、指導者の方が部活で練習方法を新たに取り入れる時でも、選手とディスカッションしながらDVDを一緒にして見たりするのにもちょうどいい。

 

これなら選手の理解も深まりますので、これ以上効率のいい指導方法ないように思います。

 

>>積極的に仕掛ける6−0ディフェンスを公式サイトで詳しくみる<<

 

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの口コミ

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの口コミ

 

実際、ハンドボールのディフェンス技術向上と積極的に仕掛ける6−0ディフェンスには次のような口コミが届いています。

 

(30代/男性)
ハンドボールのディフェンス指導や考え方が細かくわかるので、とても参考になりました。
DVDを見ながら、「なるほど!それ大事」と思うことがたくさんありました。
基礎からハンドボールに必要なディフェンスの考え方や理論、高度な連携まで、必要な情報が網羅されているので非常に有益。
ただ、小学生には少し難しいかもしれませんが、中学生や高校生なら、普段の練習に取り入れるべき内容。
ディフェンスが弱い選手はもちろん、チームを強くしたい指導者は必見のDVDだと思います。

※著作権の関係上、意味内容を変えずに表現を変えて掲載しています。

 

まとめ

積極的に仕掛ける6−0ディフェンスの練習まとめ

 

佼成学園女子ハンドボール部監督 石川浩和監修・指導のハンドボールのディフェンス技術向上と積極的に仕掛ける6−0ディフェンスを実践すれば、1対1に負けることがなくなり、オフェンスに抜かれまくりのチームでも、失点を抑え、強いチームにすすることが期待できます。

 

何故なら、ハンドボールはチーム競技ですが、ディフェンスに置いては各選手の責任が大きく、試合での勝敗を左右するからです。。

 

実際、試合中の失点の多くは1対1で負けています。

 

 

6−0ディフェンスは、自分のエリアを守るシステムなので、尚のこと失点が増えてしまいます。

 

その為、どんなディフェンスシステムを行うにしても、1対1でのディフェンス力がないとシステムが上手く機能しないんですね。

 

ハンドボールの強豪校というのは、攻撃的なディフェンスをしているものです。

 

 

ハンドボールの練習やトレーニングは自分だけの感覚でやっていても、限界があります。

 

特に今はコロナの影響で練習が思いきりできないということもある筈なので、尚のこと効果の高い練習で効率よく個人のレベルアップ、そしてチームを強くしたいものです。

 

この「積極的に仕掛ける6−0ディフェンス」を見て実践することで、より多角的な視点で強化方法考えられるようになることに気づかされました。

 

 

ハンドボールのディフェンスの指導は難しいとか、女子選手との信頼関係が築くことができない、経験がないことを言い訳にして諦める前に、「積極的に仕掛ける6−0ディフェンス」を普段の練習に取り入れてみませんか?

 

\ディフェンス強化は気づいたときがはじめ時!/

page top